1. ホーム
  2. 京まなびネットニュース一覧
  3. 『わたしのおすすめ』 ① 本 〈第7回: 京都市社会教育委員  吉川 左紀子さん〉

『わたしのおすすめ』 ① 本 〈第7回: 京都市社会教育委員  吉川 左紀子さん〉

  • 社会教育委員
  • 2011年11月22日

『わたしのおすすめ』 ① 本 〈第7回: 京都市社会教育委員  吉川 左紀子さん〉

 このコーナーでは,本や音楽など様々なジャンルにわたって「学びの達人」のみなさまから「イチ押し」を教えていただくコーナーです!
 今回のテーマは,読書の秋にちなんで「本」です。たまには普段読まないジャンルの本を手に取ってみるとまた違った世界が楽しめるかもしれませんね。
 第七回は,京都市社会教育委員 吉川左紀子さんのおすすめ本です。

 ◍ 本のタイトル『黄昏(たそがれ)』(単行本:東京糸井重里事務所)
  ◍ 著  者 :糸井 重里(いとい しげさと)氏
         南 伸坊(みなみ しんぼう)氏

 お勧めの本,ということで,すぐに思い浮かんだのがこの本です。
 仕事に疲れたときの休憩時間に。夜,寝るときに布団の中で。あるいは旅行中の空いた時間に読むのに最適です。著者は1980年代の売れっ子コピーライター,現在はウェブ上でほぼ日刊イトイ新聞(略称ほぼ日)を主宰する糸井重里さんと,イラストレーターで文章家でもある南伸坊さん。
 二人が東北地方や日光,鎌倉を歩きながらおしゃべりをした内容をまとめたもので,読んでいるとおもわず「ふふふ」と笑ってしまう,おもしろい話が満載の不思議な味わいのある本です。
 頭と身体が心地よく緩むような,一冊。

 *京都市社会教育委員会議のHPはこちら→http://www.city.kyoto.lg.jp/kyoiku/page/0000103710.html

Adobe® Reader®
PDFファイルをご覧頂く際には、
Adobe Readerをインストールしていただく必要があります。
  • 一覧へ戻る

広告欄

(注意)本市の財源確保のための広告を掲載しています。広告をクリックすると別ウィンドウを開いて外部サイトへリンクします。広告内容に関する質問等につきましては、直接、広告スポンサーにお問い合わせください。

このページの先頭へ

000001