1. ホーム
  2. 京まなびネットニュース

すべてのカテゴリ

  1. 市民フォーラム 2021年6月19日~ 2021年6月19日 NEW!

    2021年6月読書会「竜巻」莫言を読む(立命館孔子学院)

    立命館孔子学院では、偶数月に読書会を開催しています。毎回、中国の中国の短編小説を日本語訳で読んで感想を語り合い、また作者について学び合います。本を読むのが好きな方、現代中国の小説に興味がある方、・・・

  2. 市民フォーラム 2021年5月22日~ 2021年5月22日 NEW!

    中国古典文化講座「『金瓶梅』のまじめな話――新訳の現場から――」(立命館孔子学院)

    どなたでも聴講可能な無料講座「中国古典文化講座」を開催しています。古典を読んで、教養を深めてみませんか?【テーマ】 『金瓶梅』のまじめな話――新訳の現場から――【講 師】 田中 智行 氏(大阪大学言語・・・

  3. 市民フォーラム 2021年6月5日~ 2021年6月5日 NEW!

    中国理解講座 シリーズ諸子百家 其の二「『老子』・『荘子』と不老不死の仙人」(立命館孔子学院)

    立命館孔子学院の中国理解講座においては、中国の文化、社会等に関する様々なテーマについて、土曜日に立命館孔子学院講義室等にて開催しています。2021年度の理解講座は、今まで「諸子百家など、中国古代の思・・・

  4. 市民フォーラム 2021年5月15日~ 2021年5月15日 NEW!

    中国理解講座 シリーズ諸子百家 其の一「『孫子』と先秦の兵書」(立命館孔子学院)

    立命館孔子学院の中国理解講座においては、中国の文化、社会等に関する様々なテーマについて、土曜日に立命館孔子学院講義室等にて開催しています。2021年度の理解講座は、今まで「中国の諸子百家など、古代の・・・

  5. 市民フォーラム 2021年4月14日~ 2021年9月8日 NEW!

    古代学講座「ファラオの碑(いしぶみ)―古代エジプト史を読む―」

    本講座では、平安以降の和歌史を辿りながら、さまざまな和歌を読み解くことを通して、古代エジプトの彫像や石碑などの遺物に残された碑文や銘文を読みます。遺物一点一点について、それが何のために作られたか・・・

  6. 市民フォーラム 2021年4月14日~ 2021年9月8日 NEW!

    古代学講座「和歌を読み解く(5) 一条朝と『拾遺集』」

    本講座では、平安以降の和歌史を辿りながら、さまざまな和歌を読み解くことを通して、日本独自の心情表現を学んでゆきます。今期は一条朝の和歌を取り上げます。評価が低かったといわれる『拾遺集』を藤原定家・・・

  7. 市民フォーラム 2021年4月14日~ 2021年9月8日 NEW!

    古代学講座「日本考古学上の大論争と争点の学説を紐解く」

    日本考古学にも、学説の不一致や論争がなお続いている問題が数多く横たわっています。学問研究の進展には激しい争点を持つことも大変意味あることで、継続して興味深いテーマを立てて講述します。発掘調査資料・・・

  8. 市民フォーラム 2021年4月14日~ 2021年9月8日 NEW!

    古代学講座「縄文時代と縄文文化、そして現代社会へ」

    一般的に縄文時代とは、旧石器時代に後続する時代で縄文土器の出現をもってその始まりとし、弥生時代の最大の特徴である稲作農耕の始まりをもってその終わりとします。年代的には、約16,000年前から約2,800年・・・

  9. 市民フォーラム 2021年4月14日~ 2021年9月8日 NEW!

    古代学講座「伊勢神宮・斎宮の歴史と古代国家の歴史」

    伊勢神宮には、古代から中世前期にかけて斎王が仕えていました。斎王は天皇が手ずから派遣する文字通りの代理、つまり伊勢神宮は今風に言えば、都からリモートコントロール(遠隔操作)する神社でもあったので・・・

  10. 市民フォーラム 2021年4月14日~ 2021年9月8日 NEW!

    古代学講座「『小右記』講読 中級」

    『小右記』講読(中級)は、のちに「古代文化」に『小右記』注釈として掲載されるものの準備段階の講座です。今期は寛弘2年12月条後半に入ります。陣申文、内裏造営定と費用負担の問題、坂東の疲弊、播磨守藤原・・・

(1件~10件/424件中)

ページ上部へ